信頼に応え 未来を創る。Trust makes Future.

自動荷役システム

既存倉庫内物流の自動化と省人化ソリューションのご提案

自動荷役システムとは‥

「安全第一主義」を理念に、自動化した高水準で安全な荷役業務運営サービスです。

「無人フォークリフトシステム」と「電動式移動ラック」を活用するシステムに加え、「荷扱い最適化・安全教育」も行うことでシステムのもつメリットを最大限に発揮させます。

パンフレットはこちらから
動画でもご覧いただけます

物流現場の課題を解消して、安全第一主義を実現!

労働者不足で、作業員が足りない
ひとりが抱える作業が多すぎる
残業時間が削減できない
トラックの荷待ち時間を解消できない

自動荷役システムの強み

Point1. 倉庫内作業員の人件費削減

自動フォークリフト・移動ラックの活用は、省人化を実現します。いまや庫内作業員の人材不足状況は深刻な問題となっています。なかでも24時間3交替体制での人材確保は困難を極めます。そこで庫内作業を無人エリアと有人エリアに分け、無人エリアでの入荷から出荷までの物流業務フローを自動化し、省人化を図ります。

Point2. 24時間体制の入出庫業務自動化

倉庫での出荷用トラックの待機時間削減のためには、効率的な出荷準備が必要となります。そのため、翌日の出荷準備のために夜間時間帯に行っていた、有人でのフォークリフト作業をなくし、自動フォークリフトと移動ラックにより完全自動化を実現。それにより日勤者への作業効率向上、また無人搬送と有人搬送の機能分担を進めることにより、庫内作業員定着にも役立ちます。さらに倉庫全体でのシステム導入により入出庫全体の自動化を実現します。

Point3. 既存倉庫への導入による無人化・省人化

本事業は工場から直接、一時保管される地方ならではの回転倉庫をターゲットにした、自動荷役システムです。そのため、地方の大規模な平屋倉庫にも、既存設備を活かしながら導入することが可能です。大手メーカーによるクレーン式自動倉庫よりも、イニシャルコストが抑えられ、法定点検も不要なためメンテナンスコストも削減できます。更にレーザー式自動フォークリフトを使用することで、大規模になるほどコストメリットを得ることができます。「自動荷役システム」では、倉庫内貨物の保管状況に合わせた入出庫最適動線抽出機能を実現し、庫内の最短リードタイムを得ることができます。

Point4. 無人エリアの拡大で、更なる安全性を確保

「自動荷役システム」は、安全第一主義を実現するためにとても有効です。2台の無人フォークリフトと移動ラックの組み合わせは、出庫計画に合わせて最適な動線を効率よく導き、無駄を排しただけでなく、事故を起こさない安全確保にも繋がります。

システム紹介

レーザー誘導方式
無人フォークリフトシステム

レーザー誘導方式 無人フォークリフトシステム

AGF上部のレーザースキャナで反射板をスキャンし、車輌の現在地を3点認識して走行する技術です。

  • 床面工事不要
  • 貸倉庫などへの導入が可能
  • 工事費用削減
  • 工事期間の短縮
電動式移動ラック

レールレス電動式移動ラック

通路が一本で済むため、スペースの無駄がありません。固定ラック方式に比べ、収容効率を高め、徹底した省スペースを実現し、物流コストの大幅ダウンを実現します。

  • スペースセービング
  • 収容率の向上
  • 品質管理の充実
  • 簡単操作
荷扱い最適化・安全教育

荷扱い指導

お客様の倉庫現場に合わせた荷物の取り扱いについて社内で検討し、効率的な荷役提案を行います。特に人材不足が顕著である庫内業務については、省人化と安全教育を併せてご提案させていただきます。

KTY活動の実施
ドライバーや倉庫・梱包スタッフを対象に、事故を未然に防ぐ意識や感覚を身につけてもらうために、「危険予知トレーニング」の手法を取り入れています。部署内で各チームに分かれ、毎月様々なテーマをもとに活動し、毎月11月にKYT活動発表会を開催しています。

フォークリフト安全作業6則IT点呼システムの導入指差呼称の徹底 なども実施

KTY活動

自動荷役システムの運用

自動荷役システムの運用

導入した際の業務フロー

入荷

入荷フロー

出荷

出荷フロー

ご利用の流れ

ヒアリング

取り扱い荷物の情報や問題点などを聞かせていただき、課題を共有化します。

 
打ち合わせイメージ
ヒアリング
倉庫視察

ボルテックスセイグン本社第二物流センターで稼働している「自動荷役システム」を実際に見学していただきます。

 
ボルテックスセイグン本社第二物流センター
ボルテックスセイグン本社第二物流センター

ご提案

お客様の状況に合った物流管理サービスをご提案いたします。

 
物流管理サービスのご提案
物流管理サービスのご提案
最適な荷扱いのご提案(省人化)

設備やシステム導入に合わせて、安全で高品質な荷扱いのご提案をさせていただきます。

 

自動荷役システム紹介は動画でもご覧いただけます

メディア掲載

2020.2.25
日刊工業新聞様に実証実験に関する記事が掲載されました

2020.2.16
朝日新聞様に実証実験に関する記事が掲載されました

2020.2.4
物流ニッポン様に実証実験に関する記事が掲載されました

2020.1.29
上毛新聞様に実証実験に関する記事が掲載されました

2020.1.28
群馬テレビ様で実証実験に関する取材が放映されました

自動荷役システムに関する問い合わせ先・資料請求

総務部
TEL.027-382-3333(代表)
FAX.027-382-4792

自動荷役システム

パンフレット

お気軽にお問い合わせください TEL 027-382-3333 平日 08:00~17:20

PAGETOP
Copyright © 株式会社 ボルテックスセイグン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.